toggle

設立趣意

我国では世界でも類を見ない速さで急速に高齢化が進んでいる。さらに2030年(平成42年)頃には3人に1人の割合で高齢者を支える社会なることが予想され本格的な超高齢社会を迎えようとしている。
そして平成12年度から「サービスの利用者」である市民が主体的にサービス提供者を自己選択できる介護保険制度がスタートして約2年半が経とうとしている。

そうした中で高齢者の入所施設においては全室個室化や居住ユニット化が積極的に導入されプライバシー保護と自己尊厳のもとで介護のあり方を抜本的に見直す時代が到来している。
このIT時代に『そこに人がいて人として接すること』を真摯に考え入所者の自己決定を促し自己の実現に向かってスタッフがその側面からサポートるという姿勢を保つことで高齢者にとってできるだけ住み慣れたまちでの当たり前の暮らしを保障し尚且つ、安心・安全・安定が守られた環境のもとにその暮らしを営めるように
また高齢者とその家族、地域等ここに関わる人たちが自ら主役になれるような主体性と尊厳をもった潤いある暮らしを営んでいけるようにここ春日の地に介護老人福祉施設等を運営し微力ながら地域の福祉支援及び高齢福祉の向上を推し進めることはもとより、ここを訪れる一人ひとりの幸せを追求していくことを目的としてここに社会福祉法人「春風会」を設立するものである。