toggle
2016-04-20

ハナミズキ

 

ハナミズキ ちくりんの里 玄関先の花壇に、ピンクのハナミズキが地元の植木屋さんによって植えられました。

2014年度の理事会において10周年の記念樹をという提案が出ましたが、植栽時期等のことがあり、今になりました。

ハナミズキは、吹田ではよく、街路樹として植えられていますが、その可憐な姿はとても慎ましやかで人気があります。

ハナミズキの花言葉は、「返礼」「感謝」で、その由来は、1912年に東京市長が米国へサクラを寄贈した際

そのお返しとしてハナミズキが日本に贈られたことにあるということです。

アメリカでは全米桜祭りで知られるポトマック河畔のサクラが有名ですが、これは1912年に当時の東京市長、尾崎行雄が日米友好を願いソメイヨシノ約3,000本を寄贈したものです。その返礼として1915年にアメリカから日本へハナミズキが贈られました。

ちくりんの里も今まで、11年間、神様に守られてきたことを「感謝」し、今後も全てを「期待」して地域に「返礼」していけるように歩んでいきたいと思います。

関連記事