toggle

終了評価の方法

評価方法及び合格基準1 出題範囲
 ・「(1)職務の理解」から
  「(9)こころとからだのしくみと生活支援技術」までとする。
 ・中央法規出版
  介護職員初任者研修テキスト1・2で出題をおこなう
 
2 出題形式
  五肢択一形式とする
 
3 出題数
  択一問題60問(配点1点) 全問正解60点満点
 (1)職務の理解                から3問
 (2)介護における尊厳の保持・自立支援     から5問
 (3)介護の基本                から4問
 (4)介護・福祉サービスの理解と医療との連携  から6問
 (5)介護におけるコミュニケーション技術    から5問
 (6)老化の理解                から5問
 (7)認知症の理解               から6問
 (8)障害の理解                から5問
 (9)こころとからだのしくみと生活支援技術   から21問
 
4 合否判定基準
 36点以上(6割以上)
 
5 不合格になったときの取扱い
・結果発表後、1週間以内に補習のうえ再評価を行う。
  なお、再評価に係る合格基準は36点以上とする。
  補習料:1時間あたり1,000円 再評価料1,000円
・不合格者に対しては、1週間後に再試験を実施する。
 再試験は、最大2回までとし、不合格となった場合は未修了扱いとなる