toggle
2019-11-11 | 全体研修報告

2019年11月5日 全体研修

テーマ

①感染対策研修
②事故統計報告
③スキルアップ研修


■①感染症の原因として以下が挙げられる。

・面会者から ・職員から ・入所者の外泊中から

4人または5人1組となって以下の内容を読んで、

Q.職員Aの行動をどう考えればよいか?

Q.施設内で感染伝播を防ぐためには何が必要か?

Q.集団発生を防ぐために、職員、入所者、訪問者がしなければならないことは?

についてグループディスカッションを実施する

 

事例1 インフルエンザ 発熱と咽頭痛

ある年の冬のインフルエンザ中の事例

G高齢者施設において、1月5日から14日までの10日間で、入所者7名、職員4名の集団発生が発生した。

第一例は、職員A。

1月4日、夜間38.0℃の発熱と咳、咽頭通および全身倦怠感の症状があったが、カロナール(200mg)2錠(解熱剤)を発熱時に服用する。1月5日、マスク着用し通常勤務、その夜近医を受診し、A型インフルエンザと診断された。

第二例は、入所者B(75歳男性・肺気腫)。

1月7日、夕方に入所者Bが発熱し、インフルエンザAと診断され1月9日、呼吸状態が悪化し、肺炎と診断され入院となる。

その後、続いて入所者6名、職員3名が次々とインフルエンザAを発症した。

 

②令和1年度上半期(4~9月)で事故が一番多いのが、転倒、二番目は誤薬が挙げられる。また、同半期で150件があり、月別にすると4月の34件が多く、9月の18件が少ない。現在は、下半期(10月~3月)に入っているが、11月5日時点で32件挙がっている。

③自己認知(自分を知る気付き)

チエック項目から以下の4つに分類され、それぞれに応じた人間特性があり、そこで自己の傾向を知り、強みを伸ばしていく。進化の鍵として自己認知を元に意識できるようにしていく。

刺激重視ゾーン
成果重視ゾーン
調和重視ゾーン
品質重視ゾーン

2019-10-08 | 全体研修報告

2019年10月1日 全体研修

テーマ

①職業倫理について

②ケア向上について


① 職業倫理について

介護施設で働く職員として守らなければならない倫理要綱についての大阪介護福祉士会による講習。

2人1組になり「傾聴」「受容」「共感」の演習を行った。

 

② ケア向上について

(株)ユニチャームによる講習

オムツの選び方と正しい使い方を実演を交えての説明が行われた。

2019年9月1日 全体研修

テーマ

①ベッド使用状況の報告
②ポジショニングついて


① ベッド使用状況の報告

ちくりんの里でのベッドの使用状況、破損や故障事例の報告を受ける。

 

② ポジショニングについて

入居者様の保有能力を活かす介助ができているかを2人1組や6人1グループになり立ち上がり方やベッド上での体位交換について考えを出しあい、それらを実際に行った。

2019-08-10 | 全体研修報告

2019年8月6日 全体研修

テーマ

①高齢者に多い医療ニーズについて
②スキルアップ研修(口腔ケア)


①高齢者に多い医療ニーズについて

2件の事例検討。

グループワークを行い、職員同士で事例について、その時の対応・考えられる症状等を話し合う。

何の病名が考えられるか導き出す。

②スキルアップ研修(口腔ケア)

歯科による講習。

事前にアンケートを取り、アンケートの回答を一答ずつ回答し説明を行われた。

2019-07-05 | 全体研修報告

2019年7月2日 全体研修

テーマ

①認知症の理解について
②たけのこプロジェクト


①認知症の理解について

テーマ「ニーズを理解する」

(1)認知症の種類:①アルツハイマー型認知症 ②レビー小体型認知症 ③脳血管性認知症

それぞれの特徴

(2)中核症状とBPSDの関係

視点が異なればその後の考え方も変わる

・困っている人は何がどうして困っているのか?

・困った人に他者がどれだけ困っているのか?

(3)特訓ワーク:認知症の方の行動をその人の立場に立って、その行動の理由をグループになって話し合う。

(4)討議:一つの事案からどう行動していくかグループになって意見を出し合う。

それぞれの行動のメリット、デメリットを考える。

 

②たけのこプロジェクト

担当:スキルM 機能訓練士

8月or 9月から始動。外部機関と提携しながら移乗、移動、ポジショニングなど個人〃のマニュアル作成

2019-06-07 | 全体研修報告

2019年6月4日 全体研修

テーマ

①高齢者虐待防止・身体拘束廃止について
②感染症予防・食中毒防止について


①高齢者虐待防止・身体拘束廃止について(副施設長)

・法令の正式名称→高齢者虐待の防止、高齢者の養護者に対する支援等に関する法律

法律の目的

・「高齢者の尊厳の保持」を大きな理念

・「尊厳の保持」を妨げる高齢者虐待の防止が極めて重要

・そのために必要な措置を定める

「緊急やむを得ない」場合と「例外3原則」

・「例外3原則」をすべて満たし、充分な手続きを踏んだ場合

・記録に残す

・適宜再検討を行い、情報開示・関係者間での共有を行う
例外3原則:3つの要件をすべて満たすことが必要
①    切迫性:本人や他の入居者の生命・身体が危険にさらされる可能性が著しく高い
②    非代替性:身体拘束その他の行動制限を行う以外に代わりになる介護方法がない
③ 一時性:身体拘束その他の行動制限が一時的なものである
②感染症予防・食中毒防止について(管理栄養士)

細菌が増殖する3条件

・栄養 温度 水分 →3つの条件が揃い「時間」が経つと細菌が増殖

食中毒予防の3原則

・つけない(手洗い、調理器具等の洗浄)

・ふやさない(食品の低温保存)

・やっつける(中心部までの十分な加熱)

手洗いについて (正しい手洗いの動画を見る)

流水で汚れを落とす→洗浄剤を手に取る→(手のひら・指の腹部分)→(手の甲・指の背部分)

→(指の間・股・付根)→(親指)→(指先)→(手首)→洗浄剤をよく洗い流す→2回繰り返して洗う→手を拭き乾燥させる→食中毒細菌のアルコールによる消毒

2019-05-13 | 全体研修報告

2019年5月7日 全体研修

テーマ

① 事故統計報告  報告者:委員会
② 防災対策・接遇について
③ スキルアップ研修(排泄)


① ちくりんの里における事故報告統計(詳細別紙)

・平成30年度下半期の事故報告(10/1~3/31)
事故分析 事故合計174件
事故の月別発生数 12月→41件

・受診に繋がった事故 13件

・年度比例
事故報告件数の年度推移 平成30年度→前年比112%
事故内容  誤薬が増加傾向。
月別、年度別の誤薬事故 →気をつければ無くせる事故である。

② ・接遇について  3Dより研修報告

・防災委員会より 防災意識を持つために(詳細別紙)

各ユニット消火器の位置・各階の消火栓、避難経路を想定しておく。

③ スキルアップ研修;スキルマネージャーより正しい排泄ケアについて

寝たきりの方のオムツ交換で入室から退室までで気をつけているところについて4つのグループに

分かれてGW。 →パッドやオムツ等の物品の設定も大切に考える。

2019-04-11 | 全体研修報告

2019年4月2日 全体研修

テーマ

① 基本理念について(施設長)
② 平成31年度 年度目標および人事考課制度について (施設長)


① 基本理念について

基本理念の再解釈

・「今を大切に」→今を積み重ねて未来がある。未来や可能性を信じること。

・「下から支える職員像」→入居者様の持てる力を活かしそれぞれに合った(公正な)支援をする。

行動目標

・自立した生活が困難な高齢者が自律した暮らしを送る→自分で出来なくなっても自分で決めて生活を送る。

・気付きを築く→ユニット固定により小さな変化に気付く。

・親の家として→居室をロックフリーにし閉塞感を与えない居心地の良いスペースとする。

② 年度目標

平成31年度目標「かえる」

・変革を進める→小さな変化から始め、1年後に“何が変化したか”を理解出来るように。

・代替を模索する→あきらめずに他の手段・方法を考え続けていく。

・原点に帰る→入居者の暮らしを良くする為、再びユニットケアを学ぶ。今一度見つめなおす。

③ 人事考課制度について

・職員の成長の機会をつくる事を目的とし常勤職員は4月中に行動評価の自己評価を行い、考課者へファイルを渡す。

2019-03-12 | 全体研修報告

2019年3月5日 全体研修

テーマ

①スキンケアについて(担当:ユニチャーム・ケア検討委員会)
②年度目標の振り返り(施設長)


① スキンケアについて(詳細別紙)  ユニチャーム様による講義

・洗浄と感染予防の基本

・実施手順の流れ、方法について

・職員代表者4名による実践

② 年度目標の振り返り

・ユニットの閉鎖と再開について…4Bについては現在、次期入居目途なし。職員数の兼ね合いもあり、タイミングを見計らいながら再開の時期を決めていく。

・新組織体制のスタートについて…今年度より新組織体制がスタートしている。空ポストに関しては、随時うめていく。

・目標の振り返り
① 思いやり

・お互いの行動に感謝をすることについて…施設内に於いて「ありがとう」の言葉が徐々に増えているように思われる。その一言があるかないかで気持ちが変わる。仕事のモチベーションにも繋がる。

・「相手の身になって気持ちを推し量り、親身に共感を示す。」(人事考課に於ける思いやりの定義)…親身になれているか?共感を表せているか?思いやりの伸長に期待している。
② 力を合わせて

・チームケア…チームの中で各々の強みを活かし弱みを補い合うことで機能する。他の職員が持つ可能性を信じる事が大事。

・「チームの成果を念頭に置き、困難に思える事例でも挑戦する意欲を持ちチームの状態をベストの状態に持っていく。」(人事考課に於けるチームワークの定義)…困難事例への取り組みの実践。ユニットだけの力では困難というのであれば、大きく広げながら挑戦していく。
③ 課題を解決する

・優先順位を決め、着実に行動する。自分だけでなく、他者にも協力を求めながら、解決に向けて動いていく。
④ 行動目標(法人共通)
・全体でしっかり意識をして、各自仕事に取り組みたい

2019-02-10 | 全体研修報告

2019年2月5日 全体研修

テーマ

①人事考課制度の説明(担当(株)日本経営)
②業務改善報告 (委員会)
③事例検討(2B事例)


①人事考課制度の説明(詳細別紙)   (株)日本経営 担当者による講義

・ワーク「ありたい姿を考えましょう」  ㈱日本経営 担当者によるワーク
1.思いやり
2.チームワーク
②業務改善報告 委員会より発表
③事例検討

○検討内容:便失禁・尿失禁が増加し、交換したいが暴力行為が強く、落ち着くタイミングで交換するしかなく出来ない事がある為、どうしたら減らせるか。

不機嫌な時は一日何も食べないことあり、声かけにも無視や暴力が出ることがある。また、独歩であり所在確認が必要になることが多い。

○事例検討:失禁を減らす為に、どのような対応が必要なのか、各グループに分かれ意見を出し合い発表する。

 

1 2 3 4 5