toggle
2017-01-21 | 全体研修報告

2017年1月11日 全体研修

テーマ

①認知症の理解
②ユニット研究発表 2D・3D


①認知症の理解  講師:主任

・認知症の種類、種類別の症状と中核症状・周辺症状の理解を深める。

・認知症ケアで私たち介護職員が気をつけて対応すべき点とは何か。

講義内容については別紙参照

 

②ユニット研究発表

・2Cユニット 「介護職と腰痛」

※別紙参照

・3Bユニット 「安眠を目指して ~薬に頼る前に出来る事~ 」
※別紙参照

2016-12-15 | 全体研修報告

2016年12月7日 全体研修

テーマ

①リスクマネジメント・事故の解決策について
②ユニット研究発表 2D・3D


①リスクマネジメント・事故の解決策について

・なぜ、リスクマネジメントが大切なのか?ということについて今年から始めたヒヤリハットについての

状況を交えながら講義を実施する。

・先日、実施した「ヒヤリハットについてのアンケート結果」を利用し、フロアごとにいくつかに分かれ

グループを作成し、グループワークを行う。

※講義内容については別紙参照

②ユニット研究発表

・2Dユニット「口腔ケアについて」

※別紙参照

・3Dユニット「ユニットの課題について~室内でも出来ること~」

※別紙参照

2016-10-21 | 全体研修報告

2016年10月5日 全体研修

テーマ

ユニット研究発表

食事・排泄・入浴ケアの考え方について

組織図の変更について・連絡事項


ユニット研究発表

・2Aユニット「ショートステイとおもてなし」

※別紙参照

・4Bユニット「KさんがKさんであるために」

※別紙参照

 

食事・排泄・入浴ケアの考え方について

・食事介助について 講師:食事委員会

食べやすい姿勢と座り方(別紙参照)

・入浴ケアについて 講師:環境委員会

入浴支援の際、意識してほしい事(別紙参照)

・排泄ケアについて 講師:ユニ・チャーム

陰部・臀部洗浄のすすめ(別紙参照)

 

2016-11-20 | 全体研修報告

2016年11月2日 全体研修

テーマ 

①ユニット研究発表

②感染(食中毒)対策・褥瘡防止対策について


①ユニット研究発表

・4Dユニット「繰り返す褥瘡の対応」※別紙参照

・4Cユニット「快適に暮らしたい」※別紙参照

②感染(食中毒)対策・褥瘡対策について

・臥位のポジショニング 講師→ラックヘルスケア ※別紙参照

実技→クッションを用いての体位交換(側臥位)

・ノロウイルスの予防、対応について

→感染委員会よりDVDにて手洗い、処理の仕方について

2016-09-21 | 全体研修報告

2016年9月7日 全体研修

テーマ
①ユニット研究発表 3C・4A
②高齢者虐待・身体拘束について(講師:安全委員会)


①ユニット研究発表
3C ユニットにおける拘縮予防、軽減の取り組み

4A より良い日常を過ごして頂くために・・・(別紙参照)

②高齢者虐待・身体拘束について  講師:安全委員会

アンガーマネジメント~「怒り」の感情との上手なついあい方~(別紙参照)

グループワーク

内容「日々のケアの中で、どういった時にいらいらしますか?」「またそれらに対して、どのように
対応してますか?」等のテーマについて話し合う、また、負の感情を言葉に出して話し合う。

 

2016-08-10 | 全体研修報告

2016年8月3日 全体研修

テーマ
高齢者に多い医療の注意・観察点について


高齢者の脱水症状対策
・脱衣症状とは

・高齢者が脱水になりやすい理由

・高齢者の脱水症状のサイン

・高齢者の脱水症状の予防・対策

2016-08-23 | 全体研修報告

2016年7月13日 全体研修

テーマ

介護の移乗方法


下記の3班に分かれ、それぞれの班で異なる内容の、介護方法についての意見交換と実習を行い、すべての実習を体験するよう、ローテーションした。

①臥位から端座位への介護方法について

ベッド上での方向転換、体の起こし方等それぞれが普段行っている介護方法についての意見交換、実際に行っているところを見せあい等。

②座位から移乗の介護方法について

それぞれが実際に行っている介護方法の見せあい、そのほかにどのような移乗方法があるかの紹介等

③座位から立位、歩行の介護方法について
人が立つ時の体の動きの説明とそれを活かした介護方法について、手引き歩行の方法、実際に普段はどのように介護しているかの意見交換等。

2016-06-16 | 全体研修報告

2016年6月2日 全体研修

テーマ

①事故報告委員会より連絡
②チームケアについて


①事故報告委員会より連絡

・現場で働いている職員による一日枚のヒヤリハット報告書を提出

・各階の既定の提出BOXに入れる。

②チームケアについて

・自職種だけではなく他職種との連携を行う。

・ユニットスタッフの共通認識→コミュニケーションというツールを用いて目的ノウハウの共有を行う。

ほう・れん・そうの重要性

(報告・連絡・相談)

自分自身だけがわかるのではなく、全員の共通した情報を認識する。

2016-05-20 | 全体研修報告

2016年5月11日 全体研修

テーマ

①腰痛予防体操
②高齢者ケアについて


腰痛予防体操

注意:無理をしないように行う

1.座ったまま上半身を前に倒し、息を吸って吐く。

2.座ったまま片足を反対側の腿の上におき、上半身を前に倒し息を吸って吐く。

3.座ったまま椅子の上で三角座りし、膝を抱えて息を吸って吐く。

4.座ったまま上半身をねじり、息を吸って吐く。(左右)

5.仰向けに寝て両膝を立ててねじる。(左右)

②高齢者ケアについて

高齢者で思いつく事

お金持ち 病気になりやすい ゆっくり 頑固 物を大事にする 認知症 65歳以上 認知症 話し好き等

これをまとめると

見てほしい 話をしてほしい 聞いてほしい 触れてほしい 環境を整えてほしいに当てはまる。

見てほしい:正面から目線を合わして

話してほしい:否定しない・命令しない・低いトーンでゆっくり

聞いてほしい:こちらから「どうしたの」「どこいくの」

触れてほしい:腕から肩・背中にかけて(声をかけながら)

環境を整えてほしい:その人に合ったスペースや物の高さ・なじみの物を使用

三大介助:食事 排泄 入浴

介護職=サービス業であることを意識し見極める。

フ・ク・シとは
フ:ふつう ク:くらし シ:しえんする →24Hシートに記入する

2016-04-15 | 全体研修報告

2016年4月6日 全体研修

テーマ

①事業報告書報告
②各ユニットからの目標発表


事業報告計画書報告

・施設長から報告。別紙参照。
各ユニットからの目標発表

・各ユニットからの今期の目標発表。

 

今期のユニット研究発表の順番

9月 2C・3C

10月 2A・4B

11月 4C・4D

12月 2D・3D

1月 2C・3B
2月 2B・3A

1 2 3 4