toggle
2016-05-04

2016年4月27日 リーダー会議

テーマ

①看護師よりユニット処置一覧について
②年度末の職員手帳回収後、指導への活かし方について意見交換

(今年度は、部長・主任が記載できる欄を設ける予定)
③新人職員の指導状況を情報共有
④ユニット会議録の書式について


①看護師よりユニット処置一覧について

・処置一覧表を各ユニットに配布。今後NS指示にて処置内容の変更や開始・終了等あればユニットで記入し各自意識し行っていく。スキンケア等のチェックはユニットで行い、評価はNSが判断する。またいつまで対応するのか、等の判断も適宜NSに報告し指示を仰ぐ。
・5月1日より、爪切り時に指を切った、等の家庭的な処置(絆創膏等)で済む場合はユニットで対応する。救急箱の生理食塩水は50㎎から20㎎の物に変更し都度使い捨てるように。

②年度末の職員手帳回収後、指導への活かし方について意見交換

本来の職員手帳の活用方法としては、都度手帳に理解した点等を書き込み、空欄を埋めていく。年度末に別用紙で記入する際は、手帳を見ながら清書していく。活用方法が全員に周知されていない事もあるが、手帳に書き込まれている職員は少なかった。今後職員手帳を回収後、主任とリーダーが記入内容を確認し意見交換を行い、職員と面談を行う予定。面談の形式は特に問わない。

③新人職員の指導状況を情報共有

新入職員配属ユニットからの情報交換。新入職員に関わらず、挨拶や相手に伝える為の声量・言い方等を改めて意識し直すように。ご家族の方にも自分から挨拶し関わっていく姿勢を持つ。

リーダーは言葉にし指導していき、職員も声に出し疑問や意見を伝えていくように。

④ユニット会議録の書式について

エクセルでの入力方法が難しい、との意見あり。次回より、現在使用している書式に添った形でのワード入力に変更。文字や字体は各ユニットで自由に行い、枚数が多くなる場合は裏表印刷し提出する。

 

 

関連記事