toggle
2020-11-27

2020年11月24日 リーダー会議

テーマ

①高齢者虐待について


①【高齢者虐待について】
・別紙の資料を参照しながら、高齢者虐待の定義や発生要因、具体例等を確認しながら各リーダーより意見を聞き取る。話を進めていく中で、日々の業務やケアにおいて、無意識に入居者へ苦痛を与えてしまっているケースがないか?スポットを当て意見を出し合った。

話し合いの中で、事故へのリスク回避や、良かれと思って…という部分も含まれている。ただ、無意識に苦痛を与えてしまう場合、「介護者の不十分な知識」「介護者の燃え尽き」「介護者の怠惰」といった虐待の発生要因もある為、介護する側の職員は、介助方法の共有と統一をしっかりと行っていき現状の振り返りをする必要がある。

 

・今後、各ユニットのユニット会議内にて、事故やヒヤリハットへの取り組みに加え、虐待を話し合う機会を設け職員間で虐待の芽を摘む取り組みを行って欲しい。

 

・虐待を防ぐ事ともリンクするが、各ユニットは今期中に事故予防シートの更新作業を行う事とする。

 

・又、職員各位は事故報告書の意味合いを再確認する。事故報告書は「誰々が悪い…」等の責任を追及するものではない。同じ様な事故を起こさない為の検討資料である事を理解する。尚、同じケースの事故を繰り返してしまう職員へ別の角度から検証出来る様な取り組みを行ってみてはどうか?と意見あり。※例えば、同じ様な誤薬事故を起こしてしまう職員は、その時どの様な事を考えながら業務を行っていたのか?どういったルーティンワークで動いていたのか?等、誤薬事故に繋がってしまう要因が何なのか根本的な部分を検証出来れば事故そのものの件数が減らせると感じる。

 

関連記事